飲み方を理解しよう|マクサルトさえあれば片頭痛に悩むことがなくなります

飲み方を理解しよう

シートから出ている薬

ここからはマクサルトを正しく使っていくための話をしていきたいと思います。

まず基本的には水なしでもマクサルトを使用することができますし、もちろん水を使って飲むこともおすすめです。

ただ注意しないといけないのは、マクサルトを片頭痛の痛みが始まる前に飲んでしまうことです。
つまり事前対策としてはほとんど機能しませんので、痛みが始まってから初めてマクサルトを飲むようにしてください。
片頭痛開始からおよそ30分以内にマクサルトを飲むのがもっとも効果的だといわれているので、これからマクサルトを使う人はそのタイミングを意識した状態で飲み続けてほしいと思います。
水を使わずに飲める薬なので、急に片頭痛が来たとしてもすぐ飲んで治療することができます。
ちなみにマクサルトは錠剤が砕けたりしやすい性質を持ちますが、別に砕けていても特に効果が変化することはないので安心してください。

ではマクサルトを飲む量についてですが、片頭痛が発生したら1錠だけ飲むようにしましょう。
もしどうしてもそれだけでは効かないという場合はもう1錠のんでも大丈夫です。
ただしその際は1錠目から2時間以上経過している必要があるので、急いで飲まないようにしてください。

また1日に使用できるマクサルトは20㎎といわれているので、最大で2錠が限界となります。
この用法用量を守らない場合は副作用が起こる危険性を高めるので、注意しましょう。
ちなみに副作用は主に倦怠感やめまい、あとは口の渇きや吐き気など色々な種類の副作用があります。
また眠気が出てくることもあるので、車の運転をする人は特に気をつける必要があります。